日々雑感~デイリーメッセージ~

平成26年8月29日(No6462)   永年継続企業

永年継続企業

125歳まで生きると宣言しているが、これは単なる絵空事でしかない。健康長寿でありたいと思うが、生身の人間だから明日のことは分からない。No6461 「創業50年」で伝えたが、平成27年2月には広島商工会議所から「永年継続企業」の表彰を受ける。10年ごとに表彰される制度だから、10年後は生きてるかどうか怪しい。一応最後のチャンスとなる。

 

マルコシの会社設立は昭和46年10月だから、設立50年は平成33年になる。会社の寿命は30年と伝えられるから50年は長寿の部類に入る。もっとも広島にも100年企業はあるが、極めて珍しい。中には300年企業もある。大をなした企業もあるし、細々と生きてきた企業もある。しかし、生き続けたことは称賛されるべきだし、その価値も小さくない。

 

ホームページには「おかげさまで47年」とあるが、この際「おかげさまで50年」と書き換えたい。これまで会社設立の周年記念のイベントを開催したことは あるが、創業記念のイベントを開いたことはない。最近では4年前の設立40周年記念パーティー、それ以前には平成11年の本社移転感謝パーティー、昭和63年の本社屋新築記念パーティーがある。

 

すでに結婚50年の金婚式は終えた。創業50年は創業時の社員二人で生きながらえたことを称え合いたい。設立50年は6年後になるが、ド派手に記念の花火 を打ち上げてもらいたいものだ。会社を設立して50年ともなれば、大威張りで自慢してもおかしくはない。50年は長い。今のメンバーでは岡元専務が生まれていたが、他の人は誰も生まれていない。

 

適うことなら記念誌「50年」を発行したいが、それも面映い。表彰状を受け取ったら夫婦で、創業の地「基町」を歩きたい。