日々雑感~デイリーメッセージ~

平成27年9月14日(№6843) さいたま万縁の会

さいたま万縁の会

稀代の政治家・中田宏を応援する「万縁の会」が、また一つ新しくスタートした。これまで博多・万縁の会、広島・万縁の会、呉・万縁の会、益田・万縁の会、栃木・万縁の会、会津・万縁の会、神戸・万縁の会が活動しているが、さいたまに八つ目の支援組織が誕生した。しばらく新しいグループが生まれなかっただけに嬉しいニュースである。感謝で一杯。

 

さいたま・万縁の会は中田宏さんの出身である青山学院大学の大先輩である室伏孝一さんの肝煎りによる。それを盟友の久保博義さんと事務局長の横田亘さんが支える。9月12日発会式と記念講演会が行われた。17人の同志が集い、小ぶりではあるが熱気あふれるスタートになった。横浜の政治家をなぜ埼玉の人間が応援するのかという「?」も聞かされた。

 

代表の室伏さんは「日本に必要な政治家を日本人が支えるのは至極当然なことである」と明快に答えていた。中田さんは昨年の12月の総選挙で落選し国会議員の肩書きは失ったが、政治家としては超一流である。新しいスタイルの政治家として無条件で支えていきたいものである。その意味でも新しく支援組織が誕生したことは心強いし、中田さんの励みになる。

 

難しい環境の中にもかかわらず新しい組織を立ち上げられた室伏さん、久保さん、横田さん、それに17名の新しい仲間に感謝でいっぱいである。11月には長野県岡谷市の森さんが岡谷・万縁の会を立ち上げるべく準備中である。まずは小さく生んで大きく育てることを目指して一つずつ輪を広げたいと考えている。中田宏を支えることで日本を良くしたいもの。

 

11月には前述の岡谷、続いて広島、さらに呉、益田と相次いで万縁の会・中田宏の講演会が開催される予定。乞うご期待。