日々雑感~デイリーメッセージ~

平成28年7月7日(№7042) 猛暑に負けそう

猛暑に負けそう

昨年までは「竹の子学園」で子どもたちと、短冊に願い事を書いて竹笹にぶら下げていた。「ささのはさらさら、のきばにゆれる。おほしさまきらきら、きんぎんすなご」とみんなで唄っていた。残念ながらもう楽しめない。七夕様とは無関係だが、本日は早朝から「志路農園」で田畑さん、松本さんと農作業に勤しむ。さすがに猛暑日はなんとも表現できない。

 

なすの支柱を立てる。ゴーヤ、スイカ、カボチャ、ピーマン、トーガン、ウリなどの追肥。熱暑に耐えるよう水遣り。雑草刈り。大した仕事をしていないのにくたくたに疲れた。松本さんは元気がいい。7月15日から30日間、奥さんと東北、北海道の友を訪ねてドライブ。それだけに農作業を詰めている。草刈りが終わったら畑を耕しマルチで覆う。雑草防止。

 

農作業を予定通り終えたら午後は、日浦中学校の1,2年生を対象にしたトイレ磨きの指導。14年目の伝統行事だけに休む訳には行かない。退職した教師も参加して歴史の跡を生徒に話す。トイレ磨きが始まった頃にはまだ生まれていない。先生の熱弁も通じたかどうか。教師の責任だと思うが子どもたちのやる気は見ることが出来ない。おべんちゃらはダメだ。

 

炎天下に2つもイベントが続くと「傘寿」のじじいはダメだ。閉会式にはよほど我慢しないと立っていられない。それでも朝できなかった仕事を午後4時に帰社してから済ませて置かないと明日の予定が狂ってしまう。社員の皆さんは引き渡し現場の清掃に向かった。愚痴をこぼしては罰が当たる。早く済ませて休養して貰いたい。暑さはこれから本格的になる。