日々雑感~デイリーメッセージ~

平成29年7月15日(№7395) プロ野球オールスター戦

プロ野球オールスター戦

戦後プロ野球が復活して間もなく、川上の赤バット、大下の青バットの人気が高く、プロ野球に夢中なった。当時は1リーグで王者は巨人軍、続いて阪神、南海が続いていた。まだテレビはなく、ラジオの放送もなく、新聞が熱く伝えていた。当時の子どもとしては当然のことながら巨人軍、そして赤バットだった。少数派ではあるが阪神のファンも熱狂していた。

 

本日からオールスター戦である。今年の人気は何と言っても広島東洋カープの選手たち。8月にはマジックが点灯し、カープの優勝も決まりそうな勢いである。2位の阪神に8ゲームの差を付けて独走をしている。3位はDeNAで勝ち越して折り返した。何と言っても広島とともに球場を満タンにして賑わせており経営の面からみても優等生のチームである。

 

憐れを呼んだのはプロ野球の王者・巨人軍。とにかく勝てない。高いお金を支払った選手たちは出場できない。名も知らぬ選手たちが右往左往するばかり。13連敗の恥ずかしい記録も作った。前半戦終了前の9連戦では7勝2敗と勝ち越し、やっと5位から4位にしがみついた。5位は中日、6位はヤクルトである。優勝は無理だからCSでは頑張って欲しい。

 

昨年日本一を獲得したパ・リーグの王者・日ハムも、不振を絵に描いたようで5位で苦吟している。楽天がソフトバンクを抑えてトップに立ち元気がいい。選手の素質も問われるが、監督の采配に左右されるところも大きい。広島は自前の選手でまとまりがいい。楽天は監督の采配がいい。少し早いような気もするが、今年の日本一は広島カープで決まりだろう。