日々雑感~デイリーメッセージ~

平成29年10月11日(№7443) 総選挙が公示

総選挙が公示

いよいよ総選挙が公示され本格的な選挙運動が、各地で始められた。広島にいると「希望の党」の小池百合子党首の人気は響いて来ないが、東京では日本を根本から変えるような風が吹いているらしい。広島は7区で自民党の候補が頑張っているが、ハラハラする立候補者はいない。山口県、島根県、鳥取県も変わりはないようだ。本当に自民が233人を切る?

 

それにしても民進党はあっさり消えた。党は残っているらしいが、立候補者は一人もいない。大半は「希望の党」へひれ伏し、骨のありそうな人間は無所属か「立憲民主党」から立候補。代表になった枝野さんはびっくりするほどはっきりと喋る。希望の党は曖昧な文書にハンコを押させ加盟金を徴収して党員資格を与えたが、これほどいい加減な党はない。

 

一部の人が囃すように過半数も当選するとどうなるのか。総理大臣になる党首はいない。どんな国にするのかという明確な方針もない。世界とどうお付き合いをするかというよりも「モリカケ」問題を党首討論のトップに持ってきた。それなりの事情はあるのだろうが、カタカナばかり使って国民を煙に巻くようでは恥ずかしい。そんな党や党首が勝つ筈もない。

 

小池さんは言葉づくりがうまい。「改革保守」「しがらみ脱却」「リセット」など抽象的な言葉で有権者を戸惑わせる。しかし希望の党は当選の目標値を示していないが、自公の政権連合を倒すことはできない。オリンピックに専念すればよいのに、折角の人気を失いかねない。立憲民主党と共産党、維新の会は人並みに。自公はそれほど議席が減ることはない。