日々雑感~デイリーメッセージ~

平成29年12月13日(№7506) 鍵山様のお便り

鍵山様のお便り

木原伸雄様 H29,11,17. 病と闘いながら、一日も欠かさずディリーメッセージを書き通されていることに頭が下がります。私は今、肩から腕にかけて激しい疼痛があって、ペンを持つ手が鈍ります。鍵山秀三郎拝

 

№7434 『不可思議な民進党の身売り』 民進党議員の無節操には呆れるばかりです。「希望の党」に入りたいばかりに、昨日までの主義主張をあっさり捨てて〝改憲、安保賛成〟を表明し、当選すると「個人としては反対」と主張し始めました。このような輩に政治を任すことは出来ません。

№7438『若者が欲しいが…』 私は昭和30~40年代、極端な人手不足に悩まされました。今よりもっと大変であったと思います。その当時の労働条件の一位は賃金でしたが、今は休日と労働馬韓になりました。一日の時間を短縮した上に休日を増せば給料の増加になりますので経営者は大変です。

№7448『決算激励会』 役員以外、全員が皆勤賞とは凄いことです。今どきマルコシさんのような会社は少ないです。この社風と力は活かしようによっては大きな力を発揮されましょう。今、私どものような高齢者の家庭では、電球の交換やカーテンの洗濯といった小さな作業にも困っています。その小さな事から始めて大きな仕事に繋げるのも一つの方法。

№7457『花壇にパンジーを植える』 10/22は日本中が雨でした。その中にあって合羽を着てまで掃除と花植えをして下さり最敬礼をいたします。10/22はもう寒くなっていました。更に雨の中での作業は辛いものです。それを誰に強制された訳でもないのに作業して下さり、ありがとうございます。大西様、山田様、それに江原様、三人様の心と姿を野党の議員は見習ってもらいたいものです。〝もり・かけ〟と大騒ぎして税金の無駄遣いをしている姿は、見たくもないのです。私は皆様の至誠がとても嬉しくなりました。

来週、私のお礼の気持ちとして、駄菓子ですが少々お届けします。ご笑納くださいませ。お菓子は大阪の〝よしやさん〟から送ります。在庫がないと到着が少々遅くなりますのでご諒承下さいませ。鍵山秀三郎拝

 

鍵山様から激励文をお菓子の付録つきでいただきました。日曜日の会社周辺とバス停の掃除は、江原さんと女子社員が中心となって一日も休まず続けてくれています。今年は365日会社に来たことになります。平成11年1月9日から18年間、1日も休まず続けています。私にとっては日本に誇れる足跡です。鍵山様、みんな大喜びです。有り難うございます。