金本和宏

屋根・外壁塗装工事進行中!

パワフルなエース!金本和宏です。

あっという間に、3月になり2022年の1/6が経過したと思うと、光陰矢の如しを実感しております。

 

そういえば、「1月は行く(広島弁でいぬるって言われることも)、

2月は逃げる、3月は去る」という言葉があるように、

毎年この時期は時間が過ぎるのが早く感じます。

当たり前ではありますが、2月は日数が少なかったので特に早く感じますね。

よく考えたらなぜ2月だけこんなに日数が少ないのかな?と思ったので簡単にしらべてみました。

昔の暦では今の3月が1年の始まりで、2月が1年の終わりだったようで、

2月は地球の公転周期のずれの調整のため、他の月よりも少ない日数になったようです。

2月が最後って意外だな~と思った今日この頃です。

 

さて、今回はリフォーム現場からのレポートです。

只今、屋根・外壁塗装工事の真っ最中!

まずは、屋根塗装工事が無事完了致しました。

 

塗装前は、表面にコケが生えてしまっている状態でした。

屋根材の表面にコケが生えるのは、屋根材の防水性能が劣化している証拠です。

この状態で怖いのが、「屋根材への凍害」。

水気が屋根材へ浸透し、凍ることで屋根材自体が割れてしまいます。

そうすることで、重大な雨漏りの原因になってしまうのです。

ですから、コケが屋根材に生えているかどうかは、重大なサインとなりますのでご注意下さいませ。

 

塗装職人さんが、下地から中塗り→仕上げ塗装まで天気をみながら丁寧に「魂込めて」作業してくれました。

完了検査の為、屋根に上がると、生まれ変わった屋根が輝いていました!

引き続き、外壁塗装工事を作業中。

お客様、ご近隣の皆様にはご不自由をお掛け致しております。

最後まで丁寧に、お客様にお喜びいただける様、職人さんと一緒に精一杯頑張ります!!