スタッフブログ

快適な「トイレリフォーム」

投稿日:2020.11.27 | コメントをどうぞ

パワフルなエース!金本和宏です。

今回は、トイレ改装工事の現場レポートです。

介護のために家のリフォームを考えている方はたくさんいらっしゃると思います。

介護する側も、される側も双方が快適な生活を送れる家にしたいものです。

今回は、介護リフォームで重要なトイレリフォームで考えるべきポイントを実例を踏まえてお伝えします。

 

                    1.それぞれの身体状況に合ったトイレスペースを検討する

 介護のためにもスムーズで安全な移動のためにも、トイレにスペースを確保することは

 とても大切です。身体状況に応じて、使いやすいトイレのスペースは変わってきます。

 今回は車いすでの自立走行までを想定してトイレのスペースプランを策定しました。

 

 

 

 

 

「車椅子で自力走行できる方の為に推奨するトイレのスペース」

・便座前方を85cm以上

・便座側方を70cm以上

・出入口を80cm以上、(車椅子が通る最低サイズ)

      (ドアではなくより使いやすい引戸を採用)

・全体で約0.75坪(165×125cm)

 

次回は「トイレをバリアフリーにする為の具体的な機能」についてご紹介致します。

お楽しみに!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です