日々雑感~デイリーメッセージ~

平成26年5月23日(No6364)   安倍内閣500日

安倍内閣500日

第二次安倍晋三政権が5月9日、発足から500日を超えた。長期政権だった小泉内閣退陣以降、長い間、日本のトップは一年に一度の割で首がすげ替えられ世界各国から嘲笑を浴びた。その結果、日本の地位は下がり続けた。安倍第一次政権、福田、麻生で野党の民主党と政権交代。絶対多数を誇りながら、鳩山、菅、野田と同じ轍を踏む。大臣などは数知れず。

 

あれこれ言う輩は多いが、外交、防衛、経済、教育に実績を残し、何とか国際的に高い評価を獲得している。特筆すべきは何といっても大臣が変わらないこと。政策に弱い美女たちを含めて一人も変わっていない。大臣病に罹っている政治家も順番待ちをしているだろうが、少なくとも主要閣僚の交代は不要なほど充実している。それぞれ仕事師たちは頼もしい。

 

政治の深いところや裏舞台は知る由もないが、安倍さんは背が高く姿勢がよい。ちょっと坊ちゃん然としたところはあるが、笑顔もいいし、手の上げ方は洒落ている。野蛮なお隣さんたちと対峙して一歩も引かない度胸がいい。民主党総理のように外交で諂っては、国民としては頼り甲斐がない。まさかドンパチはないだろうが、攻めて来たら追い払えばいい。

 

野党はいくつの党があるのか咄嗟に党名が浮かばないが、余りにも弱すぎてチェックが効かないのが唯一の心配。民主党は3年の間に日本の権威を滅茶くちゃにした。唯一の功績は国民から総スカンを食らうほど愛想を尽かされたこと。二度と浮上することはないだろうが、選挙区で落選した海江田代表は早く交代させる方がいい。健全野党にもなりきれない。

 

安倍政権は国民の支持を得ている間に解散し、単独で憲法が改正できる2/3の議席を獲得。さっさと実行できないか。